最新ニュースヘッドライン


2016年京都市長選挙終盤情勢 現職の門川大作市長が先行 共産党の本田久美子候補が追う 読売新聞・共同通信世論調査 【2月7日投票日】

2月7日20時追記

現職の門川大作市長が当選確実です。

詳細はこちらの記事で

2016年京都市長選挙の開票速報・出口調査・結果まとめ
http://jiyusoku.jp/archives/10911

情勢調査

現職の門川大作市長(自民党・公明党・民主党・社民党が相乗り)と本田久美子候補(共産党推薦)が激しく争う京都市長選挙ですが、さきほど共同通信による終盤情勢報道が出ました。(三上たかし候補は泡沫候補)

それによると、現職の門川市長が先行、本田久美子候補が追うという情勢のようです。(先行や追うという表現が使われる場合、両候補の間には10ポイント以上の差がついています)

※↓は共同通信の子会社JX通信社社長の米重氏のツイートです



読売新聞の情勢調査(2月1日15時追記)

今日の読売新聞2面にも京都市長選挙の情勢調査記事が載っていました。

それによると、現職の門川氏が優位に立ち、新人の本田氏が追うとのことです。

※「優位」というのはかなりの大差を意味します。票数がダブルスコア(200万票と100万票)だった去年11月の大阪府知事選挙でも終盤情勢では「松井一郎候補が優位。栗原候補が追う」という表現が使われていました。

各政党支持層の動向

自民支持層:8割強が門川

公明支持層:大半が門川

民主支持層:7割が門川

共産支持層:大半が本田

無党派層:門川が5割弱・本田が2割弱

残り2割が態度未定

京都市長選挙情勢

門川市長リードの要因

首長選挙というのは基本的に現職有利なのですが、今回、門川市長は四条通拡幅問題などで市民から反感を買っていたので「接戦になるのでは」との声も結構ありました。

(京都市は共産党がメチャクチャ強く、自公民社相乗りで共産党候補になんとか勝てるレベルです。2008年の京都市長選挙なんかは門川さんと共産党候補の票差がわずか951票でした)

では、なぜその予想に反しここまで大差がついたのでしょうか。

本田陣営(共産党)が地方選挙に「戦争法廃止」などの国政の課題を持ち込んだこと

上記の米重氏のツイにもあるように、本田候補が訴える「憲法市長」というキャッチコピーが有権者からウケが悪い。

共産色バリバリかつ、市政そっちのけで反安保法・反安倍政権を唱える選挙活動に市民がそっぽを向いています。山形市長選挙や八王子市長選などもそうでしたが、市長選挙で国政の課題を持ってこられても有権者は「はあ?それが市政と何の関係があるの?国会議員になれよ…」としか思わないです。

本田陣営もそれに気づいて終盤は四条通拡幅問題などに重点を置いて活動しています。最近撒いているチラシを見れば明らかです。

 CZ8kvbWUUAEviEu

結果予想

管理人

いくら本田陣営が選挙活動の方針を変更しても、投票日までもうあと1週間しかないのでこのまま門川さんがリードを保って当選だと思います(8時ゼロ打ちもあるかも)。

最初から安保法なんてスルーで市政課題だけ唱えてりゃもっと善戦できたかもね(共産市長の誕生阻止という視点から見ると共産党がアホ戦術とってくれてラッキーですがw)


押して応援していただけるとありがたいです→
スポンサードリンク
  
新着記事

コメント

  1. よみ人知らず より:

    パヨクは地方選で毎回これやって負けてねーか?ww
    ちょっと前も北陸だか東北だかアンチ自民が50年くらい勝ち続けてた磐石の土地で
    自民候補に大惨敗してたじゃん、やっぱり安保法の事を持ち出してw
    パヨクって学習能力ないのと違うか。
    あるいは余程選対が無能なんだろうな、共産党は。

  2. よみ人知らず より:

    方針変更と言うが、本日も駅前でキモチワルイお年より達が
    戦争法案って被り物かぶってホンダホンダとコールしてましたよ。
    正直近寄りたくないですね。

  3. 23 より:

    四条通の問題は共産党も賛成して可決されたって聞いたけどな

コメントはこちらから(反映にタイムラグあり・差別用語は禁止・URLは4つまで)

メールアドレスが公開されることはありません。