最新ニュースヘッドライン


2016年アメリカ大統領選挙・民主党と共和党の候補者情報一覧まとめ

概要

2016年に行われるアメリカ大統領選挙の民主共和各党の候補者情報まとめ記事です。

※管理人はルビオ氏推しです。

共和党民主党ロゴ


共和党

ドナルド・トランプ

ドナルド・トランプ

概要

「メキシコとの国境に壁を築く!」などの過激発言で有名なトランプ氏。その過激発言から日本では「極右政治家」のイメージがありますが、実際はウケそうな発言を連発してるだけのただのポピュリストで、共和党候補の中ではわりとリベラルな一面も…(共和党有力候補の中では唯一人工妊娠中絶に賛成)

経歴

69歳。不動産王として有名な実業家。一代で成り上がったイメージがありますが実際は父親から資金援助を受けています。民主党員だった過去もありその際はヒラリーの夫ビル・クリントンに多額の献金をしています(民主党のスパイ疑惑が出ている原因)。 共和党主流派からはクルーズの次に嫌われています。

政策

経済政策

極右とか実業家というイメージに釣られネオリベ政治家だと勘違いしている人が多いですが、この人は「中間層と貧困層の減税」・「富裕層への課税強化」・「反グローバリズム(反TPP)」・「保護貿易(反移民発言もその一環)」を唱えるなど、経済政策はかなり左派寄りです。

それが白人労働者層から支持を集めている要因です。※逆にウォール街などのエスタブリッシュメント層からは嫌われています

内政

銃規制や同性婚には反対していますが、共和党有力候補の中では唯一人工妊娠中絶に賛成しています。宗教右派票がクルーズに流れる原因にもなっていますが…。不法移民合法化(メキシコやキューバからの不法入国者に法的権利付与)に猛反対。

外交

シリア難民受け入れ反対。「イスラム国のテロリストは一家ごと皆殺しにしろ!」みたいな過激なことも言ってたりしますが、一方で在日米軍や在韓米軍・在サウジアラビア米軍の撤退やロシアとの友好を唱えるなどモンロー主義的孤立主義者に近い面もあります。

支持層

世論調査のデータでは、45歳以上・大学中退者や高卒などの低学歴層・低所得者層・非キリスト教福音派・党員集会初参加者・反既成政治家・候補者選びでは「本音をありのままに言うこと」を重視する層・政策面は移民政策と経済政策を重視する層で支持が高いです。男女差は特に無し。

注目すべきは、宗教右派からの支持はそんなに高くないということと党員集会初参加者が多いということ。つまり社会からあらゆる面で阻害され、今まで政治参加をしてこなかったきた層が支持している?

日本への影響など

ネタ的な意味でこの人に期待している日本人は多いですが、もし本当に大統領になって在日米軍に撤退されると日本は中国の属領化への道まっしぐら(笑)

あと、過激な物言いから橋下前市長に似てるという声がかなりありますが、経済政策はまるで正反対です。

テッド・クルーズ

テッド・クルーズ

概要

アイオワ州の党員集会ではトランプ氏を上回り得票数1位になったことから、日本のおサヨク様は「アメリカの良心が勝利した!」みたいな感じで騒いでましたが、この人は宗教キチガイなのでぶっちゃけトランプよりヤバイ候補者です。

ティーパーティー&宗教右派(キリスト教福音派)&富裕層というおサヨク様にとっては悪夢の組み合わせを支持基盤にしています(笑)

経歴

45歳。キューバ移民で福音派牧師の父とアメリカ人の母を持つ、カナダ生まれテキサス育ちのヒスパニックです。カナダ生まれという点が弱点で他候補者からもよく攻撃されています。

弁護士出身の共和党反主流派上院議員。ブッシュ元大統領の側近。反オバマケアの筆頭でアメリカ上院でフィリバスター演説(議事妨害)を21時間にわたって行い、政府機関を一時閉鎖に追い込んだことで有名。なおそのせいで共和党に反感を持つ人が激増したため、共和党主流派からはトランプ以上に忌み嫌われています。

政策

経済政策

「新自由主義や小さな政府推進」・「フラットタックスの導入」・「親グローバリズム(TPP賛成)」・「国民皆保険猛反対」・「最低賃金引き上げ反対」などを唱える典型的なネオリベ・ネオコン政治家です。ウォール街の富豪からも多額の政治献金を受け取っています。愛書はフリードマンとハイエクらしい。

内政

銃規制反対・同性婚反対・人工妊娠中絶反対・進化論反対・不法移民合法化反対など典型的宗教右派政治家です。

外交

親イスラエルかつイランやキューバとの融和に反対で、「オバマのイスラム国空爆は甘すぎる。砂漠が暑くなるまで絨毯爆撃せよ!」などと唱えてるタカ派政治家です。シリア難民の受け入れ停止とメキシコ国境警備隊の増強も主張。でもシリアへの地上軍派遣には反対。

支持層

キリスト教福音派・旧来からの共和党員・候補者選びでは「価値観の一致」を重視する層・政策では移民政策やテロ対策や政府の歳出抑制を重視する層(経済雇用政策を重視する層では支持が低い)・反既成政治家

日本への影響など

TPP賛成派で対中強硬派の外交タカ派でもあるので日本にとっては好ましいかも。でも、宗教キチガイなのでハルマゲドンとか起こしそうで怖い(笑)

あと、なんで共和党内からそんなに嫌われてるのか不思議かもしれませんが、「右の山本太郎」みたいなものだと思ってもらえばわかりやすいかと。

マルコ・ルビオ

マルコ・ルビオ

概要

ジェブ・ブッシュのオワコン化に伴い、共和党主流派の間では本命候補として期待されているルビオ氏。他の穏健派泡沫候補が撤退すれば今後さらに伸びてくることが予想されています。

トランプ氏やクルーズ氏に比べると穏健派扱いされていますが、政策をよく見てみると…

経歴

44歳。両親ともにキューバ人のヒスパニック。信教はカトリック。共和党のフロリダ州議会議員やアメリカ上院議員を務めた経験あり。トランプやクルーズと違い、党内出身かつ優等生なので共和党主流派からもウケがいい。ティーパーティーから支援を受けています。

政策

経済政策

「新自由主義や小さな政府推進」・「親グローバリズム(TPP賛成)」・「国民皆保険反対(でも自分はオバマケアに入っているw)」・「最低賃金引き上げ反対」などを唱える典型的なネオリベ政治家です。この人もウォール街の富豪から多額の政治献金を受け取っています。

ぶっちゃけ経済政策はクルーズとたいして変わらない。

内政

カトリックとはいえキリスト教徒かつキリスト教団体から支援を受けているので、銃規制反対・同性婚反対・人工妊娠中絶反対・進化論反対などを唱えています。これもクルーズとたいして変わらない。

クルーズとの違いは不法移民の合法化に賛成しているところ。

外交

親イスラエルかつイランやキューバとの融和には反対。シリアへの地上軍派遣に賛成。「尖閣領土は日本の領土」・「オバマは習近平の国賓待遇を取り消せ」などと主張する対中強硬派。

シリアへの地上軍派遣の賛否以外はあまりクルーズと変わらない?

支持層

男性・大卒や院卒などの高学歴層・候補者選びでは「民主党候補に勝てること」を重視する層・経済政策を重視する層・既成政治家を信頼する層

日本への影響など

TPP賛成派で対中強硬派なので日本にとっては一番好ましい政治家かも。44歳で若いので対ヒラリーでは有利。

ジェブ・ブッシュ

ジェブ・ブッシュ

概要

ブッシュ家の最高傑作(笑)。大統領予備選が始まるまでは本命候補だったが、ブッシュ元大統領の弟というハンデや本人のパッとしなさなどが原因で一気にオワコン化。撤退間近だと噂されています。

経歴

62歳。父はHW・ブッシュ元大統領、兄はブッシュ元大統領という政治家一家出身。本人も元フロリダ州知事を務める。妻はヒスパニック(非白人からも票を集められる原因)。

政策

外交政策は共和党らしくタカ派ですが上記3人に比べると穏健で、かつ不法移民合法化を唱えるなど移民政策や教育政策の内政面でも中道寄りです。経済政策は共和党にありがちなネオリベ路線。政策が穏健すぎて特に面白みがないので不人気です。

支持層

共和党の穏健派支持者やヒスパニックなど

日本への影響など

日本にとっては別にこの人でもよかったんですが、支持率が低すぎるので撤退して同じフロリダ州出身のルビオ氏支持に回る可能性が高いです。

以下、泡沫候補の紹介

ベン・カーソン

ベン・カーソン

宗教キチガイ(キリスト福音派)の黒人医師。一時は支持率1位になったこともあったが経験不足が不安視され一気にオワコン化。いずれ撤退してクルーズ氏支持に回ると思われます。

カーリー・フィオリーナ

カーリー・フィオリーナ

PCメーカーのヒューレット・パッカード(HP)の元CEO。トランプにブス呼ばわりされたことも。そのうち撤退するでしょう。

クリス・クリスティ

クリス・クリスティ

ニュージャージー州知事。共和党穏健派のホープだったが、支持率が低すぎるのでいずれ撤退してルビオ氏支持に回ると思われます。

ジョン・ケーシック

ジョン・ケーシック

オハイオ州知事。共和党穏健派の有力者だったが、支持率が低すぎるのでいずれ撤退してルビオ氏支持に回ると思われます。

ジム・ギルモア

ジム・ギルモア

誰だよこいつ…とアメリカ人でさえ思っている泡沫候補。元バージニア州知事。いずれ人知れず撤退すると思われます。

民主党

ヒラリー・クリントン

ヒラリー・クリントン

概要

民主党本命候補にして大統領最有力候補。でも、国務長官時代の私用メール使用問題というスキャンダルを抱えています。

経歴

68歳。言わずと知れたビル・クリントン元大統領の妻。2008年の予備選でオバマに敗れるも、その後のオバマ政権では国務長官の重責を担う。女性や非白人から圧倒的支持を集める。

政策

経済政策

「富裕層への課税強化」・「国民皆保険(オバマケア)推進」・「労働組合の地位向上と加入率向上」・「最低賃金引き上げ」・「育休・家族休暇推進」などのリベラル政策を唱えています。

一方で、大企業や富裕層から多額の献金を受け取っていることから、こういう政策を本当に実行するのか疑問の声も…

内政

銃規制賛成・同性婚支持・人工妊娠中絶賛成・不法移民合法化賛成・男女平等や人種間平等推進などのリベラル政策を推進しています。

外交

シリアへの地上軍派遣反対。イランやキューバとの融和賛成。民主党内左派に配慮して最近は「TPP反対」を唱えています。

安倍首相の靖国神社参拝を批判したことから日本のネット上では親中派のイメージを持たれています。しかし一方で、習近平のことを「恥知らず」と批判したりもしています。

支持層

45歳以上(特に65歳以上からは7割の支持)・女性・非白人・高卒以下の低学歴と院卒以上の高学歴・旧来からの民主党員・中道派や穏健リベラル派・候補者選びでは「実務経験・共和党候補に勝てること」を重視する層・経済政策や医療福祉政策やテロ対策を重視する層・既婚者・年収600万円以上・オバマ路線の継続を望む層

日本への影響など

TPP反対が予備選挙向けのポーズならいいんですが、大統領に就任した後も反対されると困りますね…

バーニー・サンダース

バーニー・サンダース

概要

自称民主社会主義者。当初は泡沫候補だったが若者からの支持を集めアイオワ州党員集会ではヒラリーと大接戦を演じる。アメリカ基準では「極左」ですが、実際の政策主張は欧州の社会民主主義政党レベルでそんなに過激ではありません。左派は左派でも共産主義者ではありません。

経歴

74歳のアメリカ上院議員。元々は民主党員ではなく無所属議員で、大統領選出馬のために民主党入り。過去にアメリカ上院で新自由主義政策を糾弾するため8時間に及ぶフィリバスター演説(議事妨害)を行ったことで有名。

政策

経済政策

「富裕層への累進課税強化」・「公立大学の無料化」・「格差積極是正」・「反グローバリズム(TPP反対)」・「国民皆保険(オバマケア)推進」・「最低賃金の15ドル(1750円)への引き上げ」・「巨大金融機関の解体」・「企業献金禁止」・「インフラ投資などの積極財政による景気回復」など左派政治家らしい政策が目白押しです。

内政

銃規制賛成・同性婚支持・人工妊娠中絶賛成・不法移民合法化賛成・男女平等や人種間平等推進などこれまた左派政治家らしい政策が目白押しですが、この点はヒラリーとあまり変わらない?

外交

シリアへの地上軍派遣反対。イランやキューバとの融和賛成。さらに軍事費削減なども唱えているらしいです。

支持層

44歳以下(特に17歳~29歳では84%の圧倒的支持)・男性・大学中退者および大卒・党員集会初参加・左派リベラル層・候補者選びでは「弱者救済視点や誠実さ」を重視する層・政策面では「所得格差拡大への対策」を重視する層・独身者・年収600万円未満・オバマ路線の転換を求める層(よりリベラルに)

日本への影響

この人は対アジア外交についてはあまり多くを語っていないのでなんとも言いがたいです。でも反TPP強硬派だしあんまり好ましくないんだろうなあ…

第三極

マイケル・ブルームバーグ

マイケル・ブルームバーグ

概要

73歳。通信会社ブルームバーグの創業者で元ニューヨーク市長。

共和党もしくは民主党でトランプやサンダースみたいなイロモノ候補が予備選で指名された場合、中道票を確保して当選できる可能性が出てくるので出馬するのではと噂されています。

政策

銃規制賛成・人工妊娠中絶賛成・同性婚賛成などリベラルな面もあれば、財政均衡論者・自由貿易推進・反公務員労組などの保守的な面もあります。

支持層

彼が出馬した場合、共和党が有利になるとする説もあれば民主党が有利になるという説もあるので選挙戦へどのように影響するかはよくわからないです。

候補者は以上です。


押して応援していただけるとありがたいです→
スポンサードリンク
  
新着記事

コメント

  1.   より:

    まとめ面白くて判り易い。
    自分もルビオさんが大統領になって欲しいわ。
    3〜4年前オバマ民主が中国に尻尾振りまくってた時に来日して
    日本支持を明言してくれてたし。

コメントはこちらから(反映にタイムラグあり・差別用語は禁止・URLは4つまで)

メールアドレスが公開されることはありません。