最新ニュースヘッドライン


「とりあえずビール」という注文をする理由 実は意味がある

広告切り替え用ワード:レイプ

管理人
B3D5CEBDB2E8C1FCC3D6A4ADBEEC_A5E2A5CA2E706E67飲み会帰りの管理人です。
今日は、最近不満が高まっている「とりあえずビール」を擁護したいと思います。

「とりあえずビール」という注文をする理由

飲み会での最初の注文は、ビールか烏龍茶のどちらかを事実上強制されて
この2つ以外のモノを頼もうとすれば空気の読めない馬鹿として村八分にされそうな雰囲気がありますよね。


お酒は好きだけどビールは嫌いという人は正直気に食わないと思います。

各自好きなモノを注文させてくれよ..って

でもこんな横暴な注文をするのには理由があるんです。


それは、乾杯を早くやるためです。

各自が好きなものを注文すると以下の3つの理由でなかなか乾杯ができないんですよね。

1.注文するのに時間がかかる

4~5人の飲み会なら大した手間ではありませんが、十数人規模の飲み会になると全員に頼むモノを確認してるだけで無駄に時間がかかっちゃいます。

2.みんなが別々の飲み物を頼むと店員が用意するのに時間がかかり、揃うのが遅い

ビールを15杯揃えるのと、ビール・日本酒・ワイン・カクテル・ウォッカなどを各1杯ずつ計15杯揃えるのとではどっちがより時間がかかるのかは誰が考えても明らかですよね。

3.注文の抜けが発生する可能性が高い

言い忘れた、聞き逃した、影が薄くて存在を忘れられていた…といった理由で何かを頼み忘れるor店員に忘れられて、いつまでたっても全員分が揃わないという事態が頻発します。

なのでスムーズな乾杯をするためにも、最初の一杯ぐらいはビールで我慢してあげてください。

管理人の一言
Chiang_Kai-shek_Colouar飲み会の間ずっとビールばっかり頼んで、しかもそれを人に押し付けてくるクソオヤジは死ね! 

 


押して応援していただけるとありがたいです→
スポンサードリンク
  
新着記事

コメントはこちらから(反映にタイムラグあり・差別用語は禁止・URLは4つまで)

メールアドレスが公開されることはありません。